千葉におけるキリスト式の葬儀マナー

千葉でキリスト式の葬儀に参列する際には、仏教の葬儀のマナーとは少し違うマナーがあります。

当然ですが仏式の葬儀とは違うので、数珠を持参する必要はありません。

香典袋はキリスト式の十字架が描いてあるタイプを選ぶか、見つからない場合には白無地のものを用意します。

受付では、仏式の葬儀のようにご冥福をお祈りしますとは言いません。

クリスチャンにとっては神様のもとへ旅立ったという考え方です。

平安がありますように、安らかな眠りがありますようになどと言葉を添えます。

キリスト教の葬儀は教会で行われるという先入観がありますが、キリスト教の葬儀も葬儀社が取り仕切り、宗教家を派遣する形式をとることもあります。

葬儀の会場が教会でなかったからといってキリスト式の葬儀ではないということはありません。

キリスト式の葬儀では、喪服に関するマナーはそれほど厳しくはありません。

キリスト式でも葬儀への考え方によって違いがあります。

日頃教会へ出向く際にも黒を中心に礼服を着用するところもあります。

しかし葬儀を悲しみの集まりと考えないキリスト教では、あえて華やかな色柄のものを着用するケースもあります。

千葉での葬儀に参列する際には、礼服なのか、明るい服装が良いのか、相談・確認をしておくとよいでしょう。

キリスト式の葬儀に参列したことがなかった場合、立ち居振る舞いやマナーが良くわからないということもあります。

間違えてマナー違反の言葉がけをしてしまったとしても、心をこめて礼を尽くしたことが重要です。