家族葬という形態の葬儀も、今の千葉ではポピュラーである

葬儀の種類をいくつかご紹介しましたが、その中でも最近増えつつあるのが「家族葬」です。

一度は耳にしたことがあるかと思いますが、千葉だけでなく全国的に家族葬をおこなう世帯が増えているといっても過言ではありません。

【家族葬とは何か】

家族葬とは、故人のご遺族と親族、ごく親しい友人、生前に親交があった知人だけで執り行われる、小規模な葬儀のことを指します。

費用が抑えられることと、一般の葬儀と比べてかなりコンパクトなため、一人一人の参列者が故人とお別れをする時間を長くとることが出来たりといったメリットがあります。

参列者の数は多くても30人程度です。

家族葬という葬儀の形態が浸透し始めたのは平成に入ってからでしょう。

核家族化が増えたことや、地方出身であっても都心や千葉といった首都圏へ進学や就職で引っ越し、そこで世帯を持つ人が増えたことも家族葬がメジャーになった原因です。

【家族葬と密葬の違い】

よく混同されがちなのが「密葬」です。

似てはいますが、意味合いが異なるため誤って使わないように気を付けましょう。

家族葬は葬儀の規模が小さいだけで、お通夜から火葬まで行われて終わることがほとんどです。

密葬は、ご遺族だけで行うところは家族葬と同じですが「亡くなったことを伏せて密かに行う」といった意味があります。

有名人や社長など、立場のある人が後日社葬や本葬を大勢の人を招いて行うため、先にご遺族で済ませておくといった目的が密葬にはあります。

密葬や家族葬など、千葉でも葬儀の種類はたくさんある

一般的な千葉での葬儀といえば、故人が亡くなってからお通夜を行い、葬儀と火葬までを行うことを指します。

ですが、故人の遺志や遺族の考え方、また千葉の大会社の社長であったりと立場のある人など、人の数だけ葬儀の形も異なります。

葬儀にはいくつか種類がありますので、ご遺族になった場合でも参列する立場になっても困らないよう知っておきましょう。

【一般葬】

いちばんオーソドックスな葬儀の形態です。

お通夜と本葬と火葬がセットになったものです。

【社葬】

会社の社長や会長など、立場のある人が亡くなった場合、会社をあげて行う葬儀を社葬といいます。

また、社員が亡くなった場合でも行うことがあります。

ご遺族が行う葬儀と一緒に執り行われる場合や、会社や団体が合同で行うものは「合同葬」と呼びます。

準備に時間がかかるため、本葬は家族で先に行うことがほとんどです。

【密葬】

よく、有名人が亡くなった際に「すでに密葬を行った」と報道されることがよくあります。

意外と密葬の意味を知らない人も多いのではないでしょうか。

密葬とは、ご遺族だけで行う葬儀であり、周囲に故人が亡くなったことを伏せて行われます。

有名人の場合は密葬後に「お別れの会」などといった参列者やファンを招いた葬儀を行うことがあります。

社葬の場合も、密葬後に社葬を行います。

【直葬】

お通夜や本葬を省き、火葬のみを行う葬儀形式です。

至ってシンプルな葬儀のため、料金の相場はかなり安くなります。