家族葬という形態の葬儀も、今の千葉ではポピュラーである

葬儀の種類をいくつかご紹介しましたが、その中でも最近増えつつあるのが「家族葬」です。

一度は耳にしたことがあるかと思いますが、千葉だけでなく全国的に家族葬をおこなう世帯が増えているといっても過言ではありません。

【家族葬とは何か】

家族葬とは、故人のご遺族と親族、ごく親しい友人、生前に親交があった知人だけで執り行われる、小規模な葬儀のことを指します。

費用が抑えられることと、一般の葬儀と比べてかなりコンパクトなため、一人一人の参列者が故人とお別れをする時間を長くとることが出来たりといったメリットがあります。

参列者の数は多くても30人程度です。

家族葬という葬儀の形態が浸透し始めたのは平成に入ってからでしょう。

核家族化が増えたことや、地方出身であっても都心や千葉といった首都圏へ進学や就職で引っ越し、そこで世帯を持つ人が増えたことも家族葬がメジャーになった原因です。

【家族葬と密葬の違い】

よく混同されがちなのが「密葬」です。

似てはいますが、意味合いが異なるため誤って使わないように気を付けましょう。

家族葬は葬儀の規模が小さいだけで、お通夜から火葬まで行われて終わることがほとんどです。

密葬は、ご遺族だけで行うところは家族葬と同じですが「亡くなったことを伏せて密かに行う」といった意味があります。

有名人や社長など、立場のある人が後日社葬や本葬を大勢の人を招いて行うため、先にご遺族で済ませておくといった目的が密葬にはあります。

密葬や家族葬など、千葉でも葬儀の種類はたくさんある

一般的な千葉での葬儀といえば、故人が亡くなってからお通夜を行い、葬儀と火葬までを行うことを指します。

ですが、故人の遺志や遺族の考え方、また千葉の大会社の社長であったりと立場のある人など、人の数だけ葬儀の形も異なります。

葬儀にはいくつか種類がありますので、ご遺族になった場合でも参列する立場になっても困らないよう知っておきましょう。

【一般葬】

いちばんオーソドックスな葬儀の形態です。

お通夜と本葬と火葬がセットになったものです。

【社葬】

会社の社長や会長など、立場のある人が亡くなった場合、会社をあげて行う葬儀を社葬といいます。

また、社員が亡くなった場合でも行うことがあります。

ご遺族が行う葬儀と一緒に執り行われる場合や、会社や団体が合同で行うものは「合同葬」と呼びます。

準備に時間がかかるため、本葬は家族で先に行うことがほとんどです。

【密葬】

よく、有名人が亡くなった際に「すでに密葬を行った」と報道されることがよくあります。

意外と密葬の意味を知らない人も多いのではないでしょうか。

密葬とは、ご遺族だけで行う葬儀であり、周囲に故人が亡くなったことを伏せて行われます。

有名人の場合は密葬後に「お別れの会」などといった参列者やファンを招いた葬儀を行うことがあります。

社葬の場合も、密葬後に社葬を行います。

【直葬】

お通夜や本葬を省き、火葬のみを行う葬儀形式です。

至ってシンプルな葬儀のため、料金の相場はかなり安くなります。

気をつけよう、葬儀を千葉で行うのに相応しくない日取り

葬儀を千葉で行うことが決まった場合、気を付けなければならないのが「日取り」です。

カレンダーを見ると小さく「大安」「仏滅」などといった字が書かれているのを見たことがあると思います。

「六曜」と呼ばれており、元々は中国がルーツで物事を行う際の吉凶を観るために定められたものになります。

結婚式では「大安吉日」といった言葉が使われるように葬儀の場合も相応しい日と避けたことがいい日があります。

【葬儀に避けたほうがいい日】

葬儀でタブーとされている日はズバリ「友引」です。

本来の友引は「勝敗がつかない、引き分けの日」という意味ですが、現在では「凶事に友を引く」という意味合いで捉える人が多くなっています。

友引には故人の友人が呼び寄せられると解釈されており「友が引かれる」と考えられています。

現在でも色濃くこの習慣は残っており、葬儀社でも友引の日を休日にしているところが多いようです。

【葬儀の日取りはどう決めたほうがよいか】

通常、故人が亡くなってから翌々日に葬儀を執り行います。

「六曜」の概念と照らし合わせると友引を除いた日取りであればどの日でも葬儀を行ってよいことになります。

慶事にタブーとされる「仏滅」はどうでしょうか?仏滅は「仏も滅びる」ほどの凶日とされていますが、仏事を行うことはよしとされているため葬儀を仏滅に行うことは悪いことではありません。

現在では、葬儀に参列する人も多忙であるため、友引であってもご遺族や周りの意向と合わせて葬儀を行うことも珍しくありません。

千葉におけるキリスト式の葬儀マナー

千葉でキリスト式の葬儀に参列する際には、仏教の葬儀のマナーとは少し違うマナーがあります。

当然ですが仏式の葬儀とは違うので、数珠を持参する必要はありません。

香典袋はキリスト式の十字架が描いてあるタイプを選ぶか、見つからない場合には白無地のものを用意します。

受付では、仏式の葬儀のようにご冥福をお祈りしますとは言いません。

クリスチャンにとっては神様のもとへ旅立ったという考え方です。

平安がありますように、安らかな眠りがありますようになどと言葉を添えます。

キリスト教の葬儀は教会で行われるという先入観がありますが、キリスト教の葬儀も葬儀社が取り仕切り、宗教家を派遣する形式をとることもあります。

葬儀の会場が教会でなかったからといってキリスト式の葬儀ではないということはありません。

キリスト式の葬儀では、喪服に関するマナーはそれほど厳しくはありません。

キリスト式でも葬儀への考え方によって違いがあります。

日頃教会へ出向く際にも黒を中心に礼服を着用するところもあります。

しかし葬儀を悲しみの集まりと考えないキリスト教では、あえて華やかな色柄のものを着用するケースもあります。

千葉での葬儀に参列する際には、礼服なのか、明るい服装が良いのか、相談・確認をしておくとよいでしょう。

キリスト式の葬儀に参列したことがなかった場合、立ち居振る舞いやマナーが良くわからないということもあります。

間違えてマナー違反の言葉がけをしてしまったとしても、心をこめて礼を尽くしたことが重要です。

千葉での葬儀でお手伝いをすることになったら

葬儀の際には、多くの場面で役割分担がされることがあります。

千葉での葬儀の際に役割をお願いされたら、できる限り引き受けましょう。

一般的にお願いされることが多いのは、受付係、駐車場や会場への案内係、返礼品をお渡しする仕事などがあります。

葬儀社がある程度の役割を仕切るでしょうが、手が足りないということになったらお手伝いを申し出ましょう。

会社の関係者で行う場合もあれば、近所の人が手分けをすることもあります。

葬儀によって臨機応変に対応するようにします。

千葉での葬儀で係を引き受けたら、最初に必要になる備品や設備を確認します。

また、会場のお手洗いの場所、駐車場の位置などを確認しておくと、人に訊ねられた時にも説明できますし、自分も限られた時間で身の周りのことを済ませることができます。

葬儀で受付を頼まれたら、芳名帳や香典帳、ペンなどを確認します。

ペンは一度書いてみるなどして、過不足なく受付がまわるように心がけておきます。

受付で返礼品を手渡しする場合には、手渡ししやすいように準備をしますが、別所で引き換える場合には引き換え券を渡すことになります。

葬儀社との連絡も大切です。

供花、弔電、お供物が届いた場合には報告します。

葬儀の会場の準備は始まる30分前には整うようにします。

早めに会場に向かう参列者の方もいらっしゃいます。

手早く開場できるようにしておきましょう。

参列してくださった方へは一礼をしてから応対します。

受付の大切な役割として香典の扱いがあります。

金額をあらため、いただいた金額は香典帳に記入しておきます。

現金の扱いには注意し、場を離れる際には交代で行くなど、気を使うようにします。