気をつけよう、葬儀を千葉で行うのに相応しくない日取り

葬儀を千葉で行うことが決まった場合、気を付けなければならないのが「日取り」です。

カレンダーを見ると小さく「大安」「仏滅」などといった字が書かれているのを見たことがあると思います。

「六曜」と呼ばれており、元々は中国がルーツで物事を行う際の吉凶を観るために定められたものになります。

結婚式では「大安吉日」といった言葉が使われるように葬儀の場合も相応しい日と避けたことがいい日があります。

【葬儀に避けたほうがいい日】

葬儀でタブーとされている日はズバリ「友引」です。

本来の友引は「勝敗がつかない、引き分けの日」という意味ですが、現在では「凶事に友を引く」という意味合いで捉える人が多くなっています。

友引には故人の友人が呼び寄せられると解釈されており「友が引かれる」と考えられています。

現在でも色濃くこの習慣は残っており、葬儀社でも友引の日を休日にしているところが多いようです。

【葬儀の日取りはどう決めたほうがよいか】

通常、故人が亡くなってから翌々日に葬儀を執り行います。

「六曜」の概念と照らし合わせると友引を除いた日取りであればどの日でも葬儀を行ってよいことになります。

慶事にタブーとされる「仏滅」はどうでしょうか?仏滅は「仏も滅びる」ほどの凶日とされていますが、仏事を行うことはよしとされているため葬儀を仏滅に行うことは悪いことではありません。

現在では、葬儀に参列する人も多忙であるため、友引であってもご遺族や周りの意向と合わせて葬儀を行うことも珍しくありません。

Comments are disabled