千葉での葬儀に参列する時は、式場へ出向くと最初に受付で記帳を行い香典を手渡します。

受付では、関係者ごとに芳名帳を分ける場合があります。

仕事関係者が親族の芳名帳に記入することなどのないよう、複数の列がある場合には自分の所属の列に並ぶように心がけましょう。

香典はあらかじめふくさなどを準備しておくと、むきだしのまま持ち歩くこともないです。

芳名帳の前まできたらふくさから香典袋を出して受付の方に手渡します。

この際はお悔やみの言葉を手短に述べます。

すでに香典を渡している場合や、告別式で渡す予定などの場合は、芳名帳への記帳のみを行います。

ひとこと、昨日に続いての参列であることや、告別式にあらためてお持ちすることを添えると丁寧でしょう。

芳名帳に記入する場合、夫の代理で参列しているのなら、夫の名前を書きます。

名前の下に「内」と書いてから小さく自分の名前を書くようにしましょう。

会社の上司の代理などの場合は内ではなく「代理」とします。

葬儀の始まる時間を確認し、ギリギリにならないように時間に余裕を持って参列するのがマナーです。

葬儀の規模によっては受付も混雑が予想されます。

葬儀の始まる10分前には受付を終えることができるよう、早めの移動をこころがけます。

初めて降りる千葉の駅でも、案内などをたよりに速やかに会場に移動ができるように、葬儀の知らせを受けたら早めに場所の確認をしておくとあわてることもなく移動ができます。

葬儀の知らせは突然ですから、黒いネクタイ、香典袋、ふくさ、数珠などは前もって準備をしておくようにします。

※詳しくは=>【URL:http://www.floristfrance.com/